So-net無料ブログ作成
検索選択

2014.10.25 三ツ峠に担ぎ上げ [山行]

土曜日、河口湖の駐車場にクルマをデポして、三ツ峠にランドナーを担いで登ってきました。

2014102508.jpg

2年前くらいから妄想していましたが、良い天気そうなので行ってみました。
ヤマノススメで聖地化されてしまい、一層メジャーな感じになったのが不安点。

ルマン君をクルマに積んで6時に自宅を出発。
遅いとは感じつつ、土曜なので時間掛かっても良いかななんて。

試しに東名海老名から外環を使ってみたら、中央道への合流で渋滞。
時間的にもメリット無かったが、もう使わないと決めた。

河口湖へは久々なので(多分7年くらい)、道の形が激しく変わっていてびっくり。
流石土建国家。そっちかよ。

河口湖のデポ地に到着し、ルマン君を組み立てて出発(8:54)。

車道を少し行って、河口湖沿いの道を発見して使用前撮影。

2014102501.jpg

浅間神社に寄ってみた(9:09)。

2014102502.jpg

富士宮との関係は判らず。
この分野は、リタイヤしてからの課題にして取っておく。

脇の道から白滝林道に入り登り始めます。

三ツ峠へは、他に旧R137で現K708の御坂みちにある三ツ峠登山口バス停から、
ジープ道を辿って行くルートがあるようです。
今回はクルマと絡む区間が少ないこちらを選択しましたが、路面的には、そちらが良いかも(隣芝)。

喘ぎながら登って行くと、母の滝&三つ峠分岐に着きました(9:28)。

2014102503.jpg

ここには入らず、スルーするとダートになりました。

フカフカのダートで空転気味になり、息も切れ、遂に押しモードに(泣)。

林道合流手前から乗車可能な区間があり、
富士山が望めるところでおにぎり補給(10:06-10:15)。

2014102504.jpg

こんな感じに乗車可能区間があります。

2014102505.jpg
(実は雨でエグれているとこが多々あったりするので、ミスリードしてます:キリッ)

この林道の終点に到着し、西川新倉林道に一旦出ます(10:34)。

2014102506.jpg

これから登山道です。

2014102507.jpg
(振り返って撮影)

始めは良くある登山道状態でしたが、しばらく行くと、ぬるぬる泥の斜面になります。

事前には知っていて、今日は大丈夫だろうと思っていましたが、まだ少し早かった。

落ち葉があると良いのですが、無いところでは慎重に足を進めます。

滑りそうだと思うと、全身がこわばり、余計疲れる。

そのうちV字峡谷(コマネチ)な深いエグレ区間が頻繁に現れるようになります。

落ち葉も無く注意してゆっくり進んでいたんですが、
一度足が滑って左に倒れてしまいました。
エグレが深く狭く、ヌルヌル滑って起き上がるのも困難な状態。お笑いか!
なんとか脱出しましたが半身泥だらけになってしまいました(泣)。

以降も慎重に登って行き、カチカチ山への尾根道に出ると平坦になります(11:30)。

屏風岩からの道と合流すると、人だらけの状態に。
三ツ峠ファンの考えることは同じか。目線が痛い。

山頂までの区間は人だらけ。
直下の道も滑り易そうなところが多々あります。
何とか山頂に到着(11:46)。
意外に狭く(10坪くらい?)、ここでラーメンするわけにはいかず。

登山道に入って直ぐ追い越していった夫婦の方がいて、年賀状用の写真を撮ってもらいました。
その後、ブログ用の写真を撮ろうとして待っていましたが、冒頭の写真しか撮れず(orz)。

視線が痛いのでとっとと撤収(11:51)。
茶屋のベンチも満席状態。

先ほどの尾根道上にある見晴らしの良いベンチも埋まっていて、
仕方なく展望の無いベンチでラーメンすることにします(12:09)。

2014102509.jpg
こんなはずじゃ。。

食欲も無く、美味しさを感じないまま一応完食し出発(12:38)。

行きに合流した分岐に到着(12:41)。

2014102510.jpg
左に入ります。

この先、一部担ぐところがあって MTB では楽しいとあったのですが、ランドナーではアウトです。
前のめりにコケて頭打ったらヤバイので、殆ど押しか担ぎでした。コマネチもある。
こんなはずじゃ。。

鉄塔直前になって少しだけ乗車可能でした。

2014102511.jpg
(実は岩がゴロゴロ、根っこ段差も大きいところが多々あったりするので、ミスリードしてます:キリッ)

鉄塔から折り返る道に入って乗車できるようになって、ひと段落(13:45)。
なるべく登山道を避けたいと思いました。

前方に夫婦のハイカーがいたので、降車してついていくことにしましたが、
枝が泥除けに絡み音を立てたため、おばさんをビックリさせてしまった。
逆に気付いて道を譲ってくれて、申し訳ない。

すぐに西川新倉林道に出ます(13:52)。

2014102512.jpg

ゆっくり下って行く途中、三ツ峠山頂のと似た形状の石碑を発見。

2014102513.jpg
何の碑かその場でもググってもわからず。記念碑的なものだとは思う。

起伏が意外とあった裏道を使って、デポ地に到着して終了(14:21)。

三ツ峠、メジャー道は判りませんが、今回のルートはあまり整備されておらず、思いの外疲れました。

今回の補給:おにぎり2個、サッポロ一番味噌ラーメン、モチx2 水分:1.5L, うちポカリ 0.5L

沿面距離:24.9km, 平均速度:4.5km/h



Blogランキング。ポチッとしていただけると嬉しいです。

banner_23.gif
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

タマチャリン

17785mあるではありませんか!!
復帰担ぎ第一弾でこれとは!!
1っヶ月後には槍ヶ岳にでも担いで登る勢いですね~
by タマチャリン (2014-10-26 10:49) 

アンプ犬

タマチャリンさん
登山道の区間の標高差は400m強ですね。
私のパッシブ・ソルジャーな靴のせいで、足元が想像以上に不安定で疲れました。
by アンプ犬 (2014-10-26 11:09) 

jam

自転車を押し歩いている時の視線の痛さ、とても共感します(笑
そして写真を撮りたいのに人多過ぎで順番待ちの気持ちも。

ダートの下りは乗るか歩くかの判断が重要ですね、
判断をミスると私の様になりますからね~


by jam (2014-10-26 11:36) 

アンプ犬

jamさん
自分も5年前に、前のめりに転んだことがありまして、草がフカフカの登山道だったのでケガしないで済みましたが、ここは岩だらけだったのと、jamさんを思い出して、より慎重になりました(汗)。
by アンプ犬 (2014-10-26 11:54) 

イ反

ガッツリですね。
完全復活という感じで嬉しくなります。
せっかくの食事が楽しめなかったのは残念ですね。

蛇足ですが。。
ヤマノススメの作者。
同大学・学部・学年・お隣同士のオタクサークルという感じで面識があり、かわいい絵を描く技量がメキメキ上がるのを見て驚いていました。
今や写真・山・自転車と、全ての分野でお株を奪われ、もうやめて下さいという思いが。
アンプ犬さんも認識する程という事で驚きました。
by イ反 (2014-11-30 22:35) 

アンプ犬

イ反さん
ありがとうございます。
年賀状目的が殆どでした(汗)
最近はそぞろ神が憑いてくれず、出撃頻度ガタ落ちです(大汗)。

ヤマノススメ、視聴スタイルが見守りモードで楽で良いです。
作者さんと面識ありなんて、流石です。

by アンプ犬 (2014-11-30 23:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る