So-net無料ブログ作成
検索選択

2013.06.23 用土円筒分水と熊谷線廃線跡と利根サイ [自転車]

今が旬と思って、寄居の近くの用土円筒分水を見に行きました。

2013062326.jpg

平松愛理の歌みたいなタイトルになってしまいましたが、
円筒分水のついでに、昨年の日本海の際に知った熊谷線の廃線跡と、
利根サイの未走破区間の一つの刀水橋から栗橋までの区間を消化する予定です。
普通の日曜なので、輪行して寄居-栗橋間を自転車で走ります。

Yomotanさんから「用土の円筒分水は少々気まぐれ気味」と教えてくれましたが、
ニコ動に上がっていたのが今頃だったので、行ってみることにします。

自宅を3:45に出発して、川崎駅で始発電車を待ちます(マージン見過ぎ)。

2013062301.jpg

なんとEF65の1100番台(貫通扉)がいました。

2013062302.jpg

高崎線に乗っている最中、車内のポールに絡ませていた肩掛けベルトが外れ、激しく転倒。
見るとフックにベルトが巻きつけて縫っているところがほつれて、抜けていました。
うーん。仕方ない。アジャスターに挟み込ませて運用しよう。ベルトが首に回せない。

熊谷で秩父線に乗り換え。苦痛。
車内のポールの位置が高く、ベルトが回せなかった。

ワンマン運転手の働きぶりに感心しながら寄居駅に到着(7:04)。
用足して組み立て、出発(7:31)。

2013062303.jpg

今回もルートを事前に作成してナビに入れてます。
トレースするだけで楽チンです。

円筒分水は、ダートの道に入って、酪農家の前の先の突き当たりにありました(実は少し通り過ぎた)。

2013062304.jpg

気まぐれ炸裂中でした(泣)。でも後悔はない。

手前からの風景。

2013062305.jpg

ちょっと、気付きにくいですねー。

この後は武川から太平洋セメントの貨物線沿いに熊谷まで戻ります。

武川駅で記念撮影。

2013062306.jpg

この貨物線、アベノミクス効果で当分廃線にあることは無さそうですね。

熊谷まで戻って、最高気温関連ポイントをチェック。
先ずは熊谷地方気象台(8:48)。

2013062307.jpg

裏の方が観測機器が見えますが、一応表に回って記念撮影。

2013062308.jpg

次は八木橋(8:54)。

2013062309.jpg

温度計はリアルタイムでは無い様子。

熊谷線廃線は上熊谷からのようで、少し先からスタート(9:08)。

2013062310.jpg

かめの道起点。

2013062311.jpg

高崎線を跨ぐところ。

2013062312.jpg

「くまがや」の植え込みが見えます。

その先。

2013062313.jpg

かめの道。

2013062314.jpg

木の根っこで、舗装が盛り上がっているところが多いですね。

一旦新しい車道になった後、車止めが現れて歩道のみ整備された区間になり、
熊谷バイパスを潜ったところで、完全ダートになりました。

2013062315.jpg

2km程で、普通の車道になって、利根サイに出ました。

2013062316.jpg

(妻沼展示館に寄り忘れていたことに、今気が付く)

対岸に渡ってみると、橋脚が残っています。

2013062317.jpg

こちら側はいずみ緑道というようです。

自転車と歩行者の通行が分離された造りになっています。

西小泉手前で、何やらお祭りがある様でした。

2013062318.jpg

で、西小泉で廃線終了(10:15)。

2013062319.jpg

戻って利根サイに復帰(10:34)。
向かい風が激しい。

利根川河川敷は、グライダーが盛んなようですね。

2013062320.jpg

利根大堰に到着(11:04)。

2013062321.jpg

サケなどの遡上が横から観察できるようですが、今でも機能しているのかな。

2013062322.jpg

緑のヘルシーロードも妄想してます。

向かい風に辟易したところ、道の駅羽生があり、吸収されることにします(11:20)。
水道で顔から脚まで洗いたかったのですが、見当たらず。
トイレを探すと、民族資料館かと思った施設がトイレだった。立派すぎ。
サッパリしたのち、スポーツドリンク補給して出発(11:29)。

この後も箱モノが現れるたび、休憩。

加須未来館。

2013062323.jpg

おおとね童話のふる里室(兼防災施設?)とか。
(2013.06.26 追加)
2013062327.jpg

利根川橋で土手上の道が寸断されてます。河川敷にある道を使うのが正解のようです。
(ずっと手前なので、戻るのめんどい)。

一旦市街に入って利根サイに出て、2年前に関宿から利根サイを離脱したポイントに到着(12:45)。

2013062324.jpg

これで利根サイは、運河から下流方向、木下までの区間を残し、
銚子から渋川の吾妻新橋まで、右左岸どちらか使ったことになります。

栗橋駅に到着し(12:55)、梱包。

2013062325.jpg

大宮で京浜東北線の始発に乗り換え、帰宅なり(15:41)。
(自転車に乗っている時間が、全所要の半分以下だったことは触れないで)

沿面距離:88.4km, 平均速度:16.4km/h



Blogランキング。ポチッとしていただけると嬉しいです。

banner_23.gif
nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 9

タマチャリン

私も明後日から円筒分水ネタです。
下九沢分水池ですが、、、

円筒分水ブームですね!

用土円筒分水も水量があれば良いですね。
 現存してるものがあまり無さそうなので貴重ですね。

ところで高崎には用水路のジャンクションがあるらしいですよ!
このサイトに詳しく載ってます。
http://michikusa-ac.jp/archives/2611921.html
(勝手にリンクすいません)
by タマチャリン (2013-06-23 23:11) 

jam

思わず川崎駅の時刻表を検索しちゃいました。
早すぎますって!
お天気に恵まれたようでウラヤマシ~
真っ直ぐ延びたダートが気持ち良さそうです。

by jam (2013-06-24 09:45) 

Yomotan

用土円筒分水ついに決行しましたね(^^ 早朝から遠路お疲れさまでした。
平松愛理の歌で検索してみたら”もう笑うしかない”というタイトルの歌もありましたが、やっぱり”部屋とYシャツと私”の方ですね(^^;
ところで、ナビって便利そうですね。
by Yomotan (2013-06-24 19:35) 

アンプ犬

タマチャリンさん
円筒分水、田植えのこの時期が見頃ですね。
そこ、こないだ Yomotan さんも記事にしているところです。
円筒分水は、個人の方のまとめサイトがあります。
http://entoubunsui.com/entoubunsuidata.html
(勝手にリンクすいません)

by アンプ犬 (2013-06-24 21:12) 

アンプ犬

jamさん
そうですねー。15分は遅く出ても良かったと思います。

廃線の遊歩道、線路脇だったと思われる木が大きく育っていて、廃線になってから相当時間が経っていることが判ります。
by アンプ犬 (2013-06-24 21:23) 

アンプ犬

Yomotan さん
タイトルは後者を意識していましたが、妻沼展示館に寄り忘れていたので、もおう笑うしかないともいえます(笑)。
そう言った意味では、ナビは、次の目的地を意識しないで画面を見逃していると、スコーンと寄り忘れるリスクがあることを思い知らされました。
by アンプ犬 (2013-06-24 21:28) 

タマタリン

yomotanさんの記事、、、あらら
本当だ!しかもかなりいい雰囲気の円筒分水!!!
あらら、、御荷鉾スーパー林道まで、、、
私の実家近く!!
関東の横綱林道ですね
yomotanさん只者ではなさそうですね

リンク先のサイトも凄い情報量!!!

アンプ犬さんのブログには円筒分水好きが
集いますね。
by タマタリン (2013-06-24 22:33) 

かべちょろ

熊谷を調べると、猛暑の本場だと出てきました。
高い気温を記録しやすい地域なのですね。
「あついぞ!」と売りにしていて面白い。
童話のふる里の球体の部分に見覚えが有り、考えると地元の下水道最終処理場でした。(^^) そっくりです。
”~全所要の半分以下だった~”
良いじゃないですかぁ。そんな楽しみ方も。
私は好きですねぇ。
by かべちょろ (2013-06-26 14:46) 

アンプ犬

かべちょろさん
その写真、加須未来館の方です(汗)、紛らわしくてすいません。
(メンテしました)
今回、輪行を多用しましたが、平均速度が落ちてきているので、自走不可地域を走りに行くには、致し方ないかと。

by アンプ犬 (2013-06-26 21:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る