So-net無料ブログ作成

2013.05.26 白銀林道探索 [自転車]

箱根の方にある白銀林道に行って来ました。

2013052605.jpg

白銀林道は、椿ラインの「しとどの窟」から入るパターン(下り基調)が多いようですが、
椿ラインを登って行くのは、(バイクの騒音と臭いで)げんなりしそうなため、
箱根側から入って行こうと思います。

帰りはR135旧道を使って小田原から輪行する予定です。

自宅を4時(3:58)に出発。
今回もヒザが壊れないように、マッタリ方針で。

戸塚の踏切の少し手前の交差点で、大きく変わった街並みを脇見をして前を見たら、
目の前の路側帯の白線上にラバーポールが並んでいます。
避けられ無いですが、衝撃に備えハンドルをしっかり持って見ます。
左側に次々深く接触してババババババと激しく音がします。
なんと、ポールがハンドルに引っ掛かることなく、転ばずに済みました。
ルマン君のフロントキャリアのバックを乗せるところの幅が広く、そこに当たってた様で、
そこでポールが弾かれてハンドルに引っ掛からなかった模様。

前方不注意と言えば、それまでですが、これは稀に見る危険構造と思います。

一旦R1に戻りますが、今回藤沢から海に向かい、自転車道路に入ります。

えぼし岩(6:04)。

2013052601.jpg

老人会なのか、ゴミ集めが始まりました。

サザンC(6:18)。

2013052602.jpg

やっと撮れた

あさまるへの交差点から先は自転車禁止になったので、適当に海沿いに走って車道に復帰。
メジャールートで小田原を通過(7:30)。

箱根新道分岐のところ、道幅を障害物で狭くしているの、意味判らん。何とかして欲しい。
渋滞を作ってしまう。

三枚橋を渡って(7:46)、その先の最後のセブンに寄ります(7:47-7:54)。

景色の良いところで食べるつもりでおにぎりを3個購入。
ここでは、食欲が無かったので水分系を補給。
コーヒー牛乳のコラボが終わっていた。

旧街道、やっぱりきついっす。
ロードのお兄さんが軽快に登って行くのを、ジワジワ登ります。

白銀荘の分岐に到着(8:05)。

2013052603.jpg

ここからから暫く殺人的な急登
事前に判ってはいましたが、息が続かず、休み休み刻んで進みます。
炭酸飲むと、血中二酸化炭素濃度が上がって、飲んだ直ぐ後に負荷を掛けると息が続かなくなりやすいのかも。

ゴルフ場への分岐の少し手前でやや緩和。しかし息が続かず。

分岐は林道の起点でした。

2013052604.jpg

距離が極端に短いようです(笑)。

2013052605.jpg

写真を撮ろうと自転車を降りようとたら、いきなり右足がビッキーンと激しく攣った。
それらしい兆候は無かったけど、一杯一杯だったのね。

気合で右足を曲げ、しゃがもうとしたところ、左足も急にその気配が出てきたので、慌てて左足も曲げて、うんこ座り。
攣りが解けるのを待って白銀林道に突入(8:23)。

あー。攣り癖がついちゃったなー。

その先でも足つきだけで再発。同じようにして攣りが収まるのを待ちます。

林道起点から2km程で下りが始まり、攣り気味だったのを解放することが出来て助かった。

気持ちよく下ってターンパイクとの交差箇所。

2013052606.jpg

その先も気持ち良い感じのところです。狙い通り。

2013052607.jpg

5km くらいで、最初のダート区間が始まります。

2013052608.jpg

それでも、気持ち良いところがあります。

2013052609.jpg

以降、ダートはたびたび現れ、全体の 2/5くらいがダートではないでしょうか。

コーナーとその前後に粗い砂利が深く堆積していたり、
サミット部分では荒れた岩盤が突き出ていたりするところがあったりします。
大名栗林道と同じく、バイクが蹴り削いだと思われます。

景色は、たまに少し海が見えるところがありますが、全体的に景観は望めない感じです。

途中、さつき園があったりして、記念撮影。地図には載っていないみたい。

2013052610.jpg

そのすぐ先にゲートがあり、工事中とのこと。
行けると思いますが、ダメ元で行ってみることにします。

2013052611.jpg

暫くして、なんと、バイクが追い越して行きました。

土砂崩れの工事は終わっていて、あとは砂利(?)を撒くくらいでした。

沢の水で顔を洗いたいのですが、なかなか見つかりませんでしたが、
終点の 2km 程手前に、恰好の水場がありました。

2013052612.jpg

頭も洗っちゃいます。

やっとこ林道を脱出(11:00)。

2013052613.jpg

ごちそう様でした。

白銀林道のダート区間と水場の位置をgoogle map でまとめてみました。


より大きな地図で 白銀林道 を表示

そこは「しとどの窟」への入り口で、異様な雰囲気です。

2013052614.jpg

トンネルを抜けて椿ラインに出ます(11:04)。
バイクが賑やか。ここで折り返す方が多いようですね。

ヘアピン内側にある見晴らし台に移動してみますが、気のせいかベンチが無くなっていました。
下界を眺めながらおにぎりを消化して出発(11:18)。

湯河原に下ったあとは、R135を避ける方針で。
起伏が多いですが、まあいいやと。
しかし、思った以上に交通量が多く、普通に旧R135を使った方が良かった。

この区間、反対方向から走った方が、眺めが見れていい感じ。
真鶴の先で反対車線に移動して撮影。

2013052616.jpg

渋滞が始まったR135に瞬間合流して、小田原城を訪問(12:46)。

2013052617.jpg

小田原駅で輪行梱包して改札を抜けたところ、3分後に始発があり、乗車。

2013052618.jpg

川崎で組み立て帰宅しました(15:07)。

白銀林道は、気持ち良い区間があるのと、路面的に嫌なところがありますが、
私的には、良かったと思います。

今回の補給:おにぎり3個、ウィダー1個。水分:3.0L うちポカリ1.5L, コーラ0.5L,モンスターエナジー0.5L

沿面距離:134.5km, 平均速度:14.9km/h (小田原まで)



Blogランキング。ポチッとしていただけると嬉しいです。

banner_23.gif
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

タマチャリン

これはまた大変なコースでしたね。
しかも林道の距離が長い!!
いやぁ~~~アンプ犬さんは凄いなぁ~~
by タマチャリン (2013-05-27 00:43) 

jam

海・山・城と満腹ですね~
アンプ犬さんの走行記録を見ているとビンディングとかトークリップて意味無いかも?と最近思えてきました。

by jam (2013-05-27 11:21) 

齋藤電鉄ryu

この道は知りませんでした、満足度高そうですね。
斜度と言い、ダートと言い、ロードではなく
なんだかんだと大活躍中の女房用MTBで試してみたいルートです。(タイヤ換えなきゃ・・)
山の道が(何も無いけれど)大した起伏でもないので快適だったでしょうね。
午後の追い風に帆を掛けて自走帰宅・・・なんて、無茶は禁物ですね。
by 齋藤電鉄ryu (2013-05-27 21:03) 

アンプ犬

タマチャリンさん
距離は、表示上では27m弱です(笑)。
ここは、ずっと前から行ってみたいと思っていましたが、先延ばししているうちに、自転車人生の終りが近づいて来ている感じがしたので、行けるうちに行ってみました。実際ギリギリな感じです(汗)。
by アンプ犬 (2013-05-27 22:10) 

アンプ犬

jamさん
引き足、使えた方が良いんでしょうねぇ。
ランドナーで履いている靴はビンディング対応しているので、ちょっと検討してみます。
by アンプ犬 (2013-05-27 22:20) 

アンプ犬

齋藤電鉄ryuさん
ここ、季節的に、気持ちいいバイアスがあったので良かったと思います。
万人に快適な林道とは決して(これ重要)思いませんが、ランドナーより悪路に強いMTBなら、より快適でしょう。
小田原へのルート、安全で楽しい道があれば往復したいですね。
by アンプ犬 (2013-05-27 22:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る